오토실리콘 보도자료
보도자료

 

オートシリコン、世界初の電気自動車・エネルギー貯蔵システム向け14チャネル対応BDICを発表

페이지 정보

작성자 최고관리자 댓글댓글 0건 조회조회 1,280회 작성일작성일 23-07-19 10:12

본문

主要機能は、バッテリー状態によって周波が異なる電池の電気化学交流インピーダンスの測定で、バッテリー内部の状態の精密な分析と診断に使用されます。これまで、電気化学インピーダンス分光(EIS)技術には、高額のEIS装置が使用されるのが通例でしたが、この装置は多くのスペースを取り、商用xEV/ESS用途に限定されていました。
オートシリコンのBDICでは、EIS装置と比較して測定精度、動作電流、ボリュームが大幅に改善しており、1つのチップで複数のEIS装置を置き換えることができます。BDIC1台で測定可能なインピーダンスは最大14セルであり、インピーダンス測定値は電池の健全度(SoH)、残存耐用年数(RUL)など、電池の診断、予測、品質検査に使用できます。また、使用範囲をバッテリーモジュールとパックユニットにも拡大できます。
オートシリコンでは、BDICを使用して個別電池の内部温度を測定するアルゴリズムとソフトウエアを開発済みであり、別途外部の温度センサーを使用する必要がありません。そのため、火災や爆発の発生前に電池の内部や局所的な高温状態を検知できます。
また、バッテリー診断機能を既存バッテリー管理システム(BMS)より向上し、廃棄バッテリーの再使用に必要な電池等級技術の基盤となる可能性もあります。BDICはバッテリー管理IC(BMIC)と併用することで、xEV/ESSに高度な診断能力・性能を実装可能であるほか、バッテリー診断分野やサービスとしてのバッテリー(BaaS)ビジネスで幅広い用途が見込まれます。オートシリコンでは現在、同製品を国内外の顧客に売り込んでいる段階ですが、2023年末には、16、18、24チャネルのBDICをリリースする計画です。
本社 C-809, 8F, 128, Beobwon-ro, Songpa-gu, Seoul, 05854, Korea
研究所 2nd FL., 272-7, Munji-ro, Yuseong-gu, Daejeon, 34050, Korea
本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
Contacts
Hojun Kim
sales@autosilicon.com

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

이용약관 개인정보처리방침
회사명 : (주)오토실리콘
서울 본사 : 서울시 강남구 봉은사로 619(삼성동 JBK타워), 3층
대전 연구소 : 대전시 유성구 테크노2로 314, 3층
TEL : 서울 본사) 02-3446-0725, 대전 연구소) 042-488-8036
FAX : 서울 본사) 02-3446-2630, 대전 연구소) 042-488-8035
E-MAIL : 기술/영업 : sales@autosilicon.com 인사 : hr@autosilicon.com